習わせて良かったと思うのは書道

親世代が子供だった頃よりも、習い事の種類は増えました。どの習い事についても、それをする機会、時間、お金、子供の興味があれば、一定期間は止めずに続ける必要があるということすら守れれば、する意味がない習い事はないと思っています。しかし、現実は1日24時間しかなく、幼稚園や学校に行きながらできる習い事は限られています。また、たいていの習い事は小さな頃から始める方が良いということを考えると、子供が自発的に何かしたがるのを待っている時間はなく、ある程度は親が子供に必要だろうと思う習い事を取捨選択するしかありません。そんななかで、私だけでなく、私の周囲を見渡した時、習わした良いと思う習い事は書道です。
書道は習い事の中では、定番中の定番ですが、子供の学校のクラスのお友達を見渡すと、親世代よりも習っていないお子さんが増えているように思います。書道を習っているかいないかは、お教室の掲示物を見ればわかります。そして、文字が綺麗なお子さんはやはり印象が良いです。同じように活発なお子さんであっても、文字が綺麗というだけで、しっかりしているご家庭のお子さんなんだなという印象を与えることができます。もちろんそのような表面的なことだけではなく、書道を習うということは、一定時間、姿勢を正し、文字と向き合うという作業をすることになります。もちろんご挨拶などについて指導があることでしょう。その効果で子供は自然と集中力を高め、親が注意すると反抗したくなることも自然とできるようになります。
ちなみに、こういう考え方は邪道かもしれませんが、最近の小中学校の長期休暇中の課題はいくつかの中から選ぶという形式のものがあります。受験勉強その他忙しい中で、中学生であれば内申点のこともあるので、きちんとしたいところです。書道を習っていれば、そういう時も本当に楽です。きちんと習い続けていれば賞も狙えます。お子さんの性格、タイプをお考えの上で、ご興味がある方は小さなうちから書道を習わせてみてはいかがでしょうか。